川崎市 多摩区 幼稚園 学校法人淺谷学園 中野島幼稚園

川崎市 多摩区 中野島幼稚園

保育内容

教育方針・特色

みんなげんきなすなおこ
  • 昭和30年(1955年)の創立以来、大切に受け継いできた「健康教育」「個性教育」「根っこ教育」の3つの柱のもと、よい子を健康に、個性豊かに、そして、生涯にわたって必要となる「すなおで何事にも一生懸命やり遂げるたくましい根っこ」を育て、思いやりのある人間形成を目指します。

    具体的には、どっしりと根を張り、創立時から1万人を超える子どもたちの成長を見守ってきた本園のシンボルであるけやきの大木をはじめ、四季の移ろいを感じることができる多種多様な樹木に囲まれた園庭と、雨が止んだ直後からでも使用することができる透水機能を備えた中庭、これら豊富な遊具を備えた2つの運動場での自由あそびをはじめ、学校教育の生命線であるカリキュラムには、専門の指導者による体育、書き方、そして茶道を導入しています。

    その他、定期的に食育活動や異年齢グループの保育なども行い、子どもたちはたくさんのともだちと豊かな経験を通じて多くのことを学び、心身ともに健やかな成長を遂げて卒園していきます。
    小学校入学後も、授業参観や懇談会などで卒園生を見守り続けています。

教育方針

  • 1.「教」より「育」を重んずる

    「三つ子の魂百まで」のことわざのとおり、この時期の育て方や生活環境によって、子どもたちの生涯を支配する性格・能力・生活態度が形成されます。
    本園は<健康教育><個性教育><根っこ教育>のもと、「育」の道を歩み続けます。

    ○健康で明るく、すなおな心と体を育てる《健康教育》
    ○個性を発見して、個性を伸ばし、長所として発揮できるように育てる《個性教育》
    ○なかよし根っこ<和>、がんばり根っこ<努力>、しんせつ根っこ<思いやり>の3つのよい根っこを育てる《根っこ教育》

  • 2.健康教育

    毎朝の生活指導と脱力体操を通じて一人一人の心身の健康に対する自立心を養い、精一杯がんばって最後までやり遂げることによって満足した心の安定を保ち、すなおで感謝の気持ちを忘れない人間を育てます。

  • 3.個性教育

    一人一人の感受性の方向を知り、子どもたちの個性に適った教育を行うことで、子どもたちの持てる力を最大限に伸ばし、あふれる個性を長所として発揮することができる創造性豊かな人間を育てます。

  • 4.根っこ教育

    本園では《なかよし根っこ「和の心」》、《しんせつ根っこ「おもいやり」》、自分で考え、辛抱強く、熱心に最後までやり遂げようとする《がんばり根っこ「努力」》を大切に、「お・あ・し・す運動」を実践しています。

    お…「おはようございます」という元気な挨拶
    あ…「ありがとうございます」という感謝の気持ち
    し…「しんせつ」根っこを育てましょう
    す…「すみません」という自省の心

  • 5.心を豊かに創造性を伸ばす

    絵画制作指導では、自分の目で観察して心を表現できるようにしています。個性と自由な表現力を伸ばし、豊かな創造性を養います。
    音楽リズム指導では、情操豊かな個性にあった正しいリズム感を養うため、年中から鍵盤ハーモニカを使用し、器楽の指導も行っています。

園の特色

  • 茶道(お茶の指導)

    茶道(お茶の指導)は「和敬清寂」を少しでも理解して、日本の古きよき伝統と失われつつある礼の心を、作法を通じて幼い心に「種まき」したいと考え、昭和56年(1981年)から実践しています。卒園式では家元・千 宗室先生から御許状「おしるし」をいただきます。現在は、お二人の先生による、月2回の本園教員へのお稽古のもと、毎月、子どもたちのお茶会が実施されています。生活様式が「和」から「洋」に変わりつつある現代でも、ご挨拶やお辞儀など、何気ない茶道の仕草を日常生活の中で行っているのです。
    お扇子には、利休道歌百首が書かれ、子どもたちはみんなで唱和し、お稽古をしています。

  • のびのびと体を動かして遊ぶことができる2つの運動場(園庭・中庭)

    けやきをはじめ、さくらやいちょうなど、季節を感じることができる多種多様な樹木に囲まれた園庭と、雨が止んだ直後からでも使用することができる透水機能を備えた中庭、これら豊富な遊具を備えた2つの運動場で、子どもたちは元気いっぱいに遊び、たくさんのともだちと豊かな経験を通じて多くのことを学び、心身ともに健やかな成長を遂げます。

  • 本園では、一人一人の個性を大切にして、個人個人に適した教育方法を見出すことに努め、さまざまな行事を通して社会性を養い、仲良く集団生活ができるように指導しています。
    子どもたちそれぞれのよい根っこを育て、よい芽が育つお手伝いをし、「三つ子の魂百まで」と言われる重要な幼児教育を担っていきます。

ページトップヘ